コドミンを飲み始める年齢は5歳からが多い理由とは?

コドミンは多動症、または疑いがある子供向けのサプリとしてネットでも話題になっていますが、実際にコドミンを飲み始める年齢は5歳が多いと口コミや情報サイトでも多く投稿されています。

多動症の症状が出始めるのは2歳~3歳と言われており、正確に多動症だと診断できるのは7歳くらいからと言われています。

症状の程度によって子供時代は気づかれずに、大人になってから発覚することがあるくらい診断するのが難しいと言われていますが、それならなぜコドミンは5歳から飲み始めることが多いのでしょうか?

その理由について詳しく調べてきました。

多動症が気になり始めるのは5歳が多い?

コドミンは早ければ3歳くらいから摂取することができますが、なぜ5歳から飲み始めることが多いのでしょうか?

早ければ保育園や幼稚園の頃から多動症の症状が見られますが、まだそのくらいの年齢であれば単に性格の問題だったり、一時的なものでしばらくすれば落ち着いてくることが多いです。

保育園や幼稚園であれば、基本的に遊ぶことがメインなので、多動症の症状に気づきにくいのですが、小学校にあがるタイミングで多動症の症状が明確に分かることで5歳からコドミンを飲み始める子供が多いのでしょう。

小学校に入ると、60分間先生の授業を静かに聞いていなければいけませんが、授業中静かにじっと座っていることができず、席を立ってウロウロ歩き回ってしまったり、中には教室から抜け出してしまうことも。

授業と関係ない話を先生に注意されてもずっとしゃべり続けてしまうなど、多動症の特徴に当てはまる症状が小学校にあがったタイミングで分かるので5歳からコドミンを飲み始める子が多いのですね。

5歳からだとコドミンを始めやすい理由

コドミンは摂取できるなら何歳からでも始めることができるサプリですが、まだ2歳~3歳の子供だと慣れない味だったりするとなかなか毎日は摂取してくれないこともありますよね。

5歳くらいになるとこちらの言っていることが分かりますし、親にもらわなくても自分で簡単に摂取することができることもあって5歳からコドミンを始める子供が多いようです。

飲み始めてどれくらいで効果を実感できる?

コドミンは年齢に関わらず、効果に多少個人差はありますが、大体飲み続けて3カ月くらいで効果を実感することができます。

医薬品のような即効性はありませんが、薬は副作用の危険性があります。

特に子供が飲むなら副作用が出ない安全性の高いサプリを摂取させたいですよね。

コドミンは日本食品GMP認定の国内工場で生産しているので、品質の高さはもちろん、衛生管理もしっかり行っているので、子供に毎日摂取させてももちろん問題ありません。

少しずつ多動症の症状を軽減させる成分を補給させることで、自然と子供の笑顔が増え、学校にも行きやすくなり、お友達と一緒に遊べるようになるでしょう。

たくさん飲ませたほうが早く効果が出ると思われている方も多いのですが、コドミンは食品に分類されているので多少大目に飲んでも体調不良などの症状を引き起こすことはありません。

しかし、たくさん飲んだからと言って、すぐに効果を実感できるようになるわけではありませんし、一度に大量にあげてしまうと子供が飽きてしまいますよね。

大事なのは毎日継続して摂取することです。

コドミンの一日の摂取量目安は1粒~2粒なので、目安の量を毎日飲ませてあげるようにしましょうね。

5歳になって小学校に入るなどの環境の変化で、多動症かもしれないと悩んでいるお母さんにとって子供のためにもどうにかしてあげたいと頭を悩ませてみませんか?

まずは気軽に始められるコドミンで子供の笑顔をサポートしてあげましょう!

>>コドミンの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。