多動症の原因は遺伝?どれくらいの確率で遺伝するの?

多動症の主な原因は遺伝ではないかと医学的にも今もなお研究されています。

もし親や兄弟が多動症の場合、どれくらい確率で遺伝してしまうのでしょうか?

発達障害の一つで多動症という言葉の認知度は広まり、自分の家族や親せきに多動症の方がいることも少なくはありません。

注意散漫やじっとしていることができない、黙っていることができないなど見た目ではただのわがままや空気が読めない人だと思われることが多いのですが、多動症は発達障害なのでこれからも向き合って対策を考えていく必要がある障害です。

多動症の原因は遺伝が全て関係しているのでしょうか?

どれくらいの割合で多動症が遺伝するのか調べてみました。

両親のどちらかが多動症の場合、どれくらいの確率で遺伝する?

アメリカの研究結果によると、両親のどちらかが多動症などの発達障害である場合、遺伝する確率は25%~50%と言われています。

そのため、両親のどちらかが多動症だったとしても、必ず遺伝するわけではありません。

また、もし両親とも多動症である場合、遺伝する確率はさらに高まります。

多動症の原因は遺伝だけではない

両親や親せきに多動症の方がいなくても、多動症を発症する可能性は十分にあります。

研究によると、多動症の全ての原因は遺伝だけではなく、環境にも関わってくると証明されています。

妊娠中の母親の喫煙、アルコールや子供の栄養不足などによっても多動症を発症させる原因になります。

男女で多動症を発症させる可能性は違う

病気や障害は男女によって発症する割合が異なると言われていますが、多動症も男女で発症率が違います。

男性のほうが女性よりも4倍多動症を発症しやすいと言われており、男女によって脳の構造が異なるからと考えられます。

妊娠中に多動症を見極める検査はないの?

妊娠中に多動症などの発達障害がないかどうか検査することができれば、そのための知識を勉強し、あらかじめ準備しておくことができますよね。

しかし、現段階では未だに妊娠中に多動症かどうか検査する方法は見つかっていません…

妊娠中だけでなく、出産後もすぐに多動症の診断することは難しく、多動症の兆候が見られ始めるのは2歳~3歳、きちんと確定できるのも早くて7歳前後とされています。

多動症のお子様をお持ちのご家庭で注意してほしいこと

一見、多動症の子供は見た目では障害だとは分かりづらく、単にしつけができていない、わがまま、空気を読むことができないと思われてしまい、その分きつくしつけを行ってしまうことも。

逆に多動症の子供に過度なしつけを行ってしまうと、二次障害を発症させてしまうリスクもあります。

最近では多動症を調べるための検査方法も増え、症状によっては完治させることもできる障害なので、多動症の特徴にあてはまるのであれば、決して厳しすぎるしつけはしないようにしましょう。

ですが、だからといってそのまま何もしないでいると、周囲の目も冷たく、多動症になってしまったのは自分の責任と全て抱え込んでしまい、両親が精神的な病に陥ってしまうケースも少なくありません。

全て自分でやろうとせずに周りに理解と助けを求めるようにするだけで、みんな笑顔で生活することができるので、全て自分で抱え込まないようにしてくださいね。

多動症は遺伝が関係していますが、全ての原因が遺伝とは限りません。

まだ多動症などの発達障害の研究の歴史は浅く、未だに多動症について解明されていないことはたくさんあります。

1番大事なのは多動症を発症している本人がいかに過ごしやすく生活していくかです。

もし多動症かもしれないと感じたら、発達障害の専門クリニックや精神神経科に受診などし、周りと助けあっていきましょう。

コメントは受け付けていません。