ADHDと多動症にはどんな違いがあるの?具体的な違いを徹底調査!

早ければ2歳の子供から見られる多動症ですが、ADHDと何か違いはあるのでしょうか?

どちらもほとんど同じ意味合いで使われることが多いのですが、表現の仕方が違うだけで症状は同じことなのか曖昧になっている人も多いですよね。

よく混同されやすい多動症とADHDの違いについてまとめました。

多動症とADHDに違いはあるの?

ADHDとは正式名称は「attention deficit hyperactivity disorder」と言い、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つの総称であり、このうちの1つの多動性の症状が多く見受けられることを多動症と言います。

つまり、多動症との違いというよりはADHDの症状の一つということになりますね。

多動症と診断されたとしても、少なからず他のADHDの症状が見られる確率が高いのも特徴です。

ADHDの症状の違いについて調べました。

○不注意

・ケアレスミスが多い
・仕事でも勉強でもいつも同じところで間違えてしまう
・すぐに物をなくしてしまう
・何度も確認するように注意しているのに忘れ物をしてしまう
・興味があることに集中するとなかなか切り替えることができない
・時間管理ができない
・仕事や家事を順序だてて行うことができない

○多動性

・落ち着いて座ることができない
・貧乏ゆすりを頻繁にしてしまう
・遊びに行っても落ち着いて見たり遊んだりすることができない
・空気を読まない発言をしてしまう
・無意識に傷つける言葉を言う

○衝動性

・まだ相手が話し終わってないのに関係ない話をかぶせてしまう
・相手のことを考えず、思ったとおりに言ってしまう
・欲しいものがあると我慢が出来ない
・頻繁に衝動買いをしてしまう

ADHDにはこの3つの症状があり、そのうちの1つの「多動性」の特徴に多く当てはまれば多動症と診断されやすいです。

特徴にあてはまったらADHDや多動症とは限らない?

前述にご紹介したADHDや多動症の特徴はあくまでも診断基準の一つなので、これらにあてはまったからとって絶対にADHDや多動症というわけではありません。

これの特徴は他の障害にもあてはまることも多く、さらに障害ではなく、性格の問題であることも十分に考えられます。

そのため、ADHDや多動症の特徴に当てはまるのであれば、自分だけで判断するのではなく、まずは専門機関に相談してみてくださいね。

治療で症状が軽減されることも

ADHDや多動症はそのままにしておくと社会生活を送りにくくなり、誰かと関わることが嫌になってしまい、引きこもりや鬱になってしまうこともあります。

これらは発達障害の一種なので、治療方法なんてないと思われている人も多いですが、最近では多動症やADHDの症状を緩和させる治療法もあります。

環境調整などによる心理社会的治療だけでなく、薬物治療も行われており、治療を始めるようになってから友達が増えたり、仕事を円滑に進めるようになったなど症状が軽減されている人はたくさんいます。

多動症やADHDは完治させる方法はまだ見つかっていませんが、治療を続けていくことで大半の人が症状を軽減させることができたと報告されています。

ADHDなどの発達障害かもしれないと悩んでいるのであれば、周りに相談してサポートしてもらい、まずは近くの専門科がある病院などに問い合わせてみましょう。

多動症やADHDはまだ医学的にも解明されていないことも多く、違いもはっきりしているものもあれば、他の症状と重ねっていることもあり、もし検査を受けたとしても1回で症状を断定されることはありません。

何度も病院に通って医師と面談し、どの障害なのか、それとも障害ではないのか時間をかけて調べていく必要があります。

多動症とADHDは同じと思われている人も多いのですが、調べていくとこのような違いがあったのですね。

まずは自分や自分の子供がどんな特徴に当てはまるかをチェックし、疑わしい場合は専門機関に連絡しましょう。

コメントは受け付けていません。